賃貸のリスク

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

マンションをほかの誰かに貸し出すことで家賃収入が得られるのは大きなメリットです。しかし賃貸経営する場合、リスクもいろいろと出てくることも理解しておく必要があります。

まずは入居者の見つからないリスクです。すぐに入居者が見つかればいいですが、場合によっては空き部屋のままで全く収入の発生しない可能性があります。築古の物件や最寄り駅から遠いなど、立地条件に問題のある物件はなかなか借り手のつかない恐れがありますので注意です。

また入居者が見つかった場合でも、信頼して貸し出せるかどうかも見極めないといけません。例えば入居者が見つかったはいいけれども、ゴミ出しのルールを守らない、騒音で近隣トラブルを起こすということも考えられます。その場合いずれ自分が戻ってきたときに、隣人が良い顔をせずに肩身の狭い思いをしないといけないかもしれません。入居者が見つかっても、家賃を滞納するリスクもありますので慎重に入居審査をした方が良いです。

入居者の問題として、部屋の中にある設備の使い方にリスクもあります。部屋の設備を酷使する、無理な使い方をした場合、通常よりも劣化が早く進む可能性もありえます。もし故障した場合、修理や交換はすべて部屋の持ち主の負担となります。