家賃収入は?

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

マンションをほかの誰かに貸し出す最大のメリットと言われているのが、家賃収入の発生することです。入居者を確保できれば、月々家賃収入が発生します。例えば引っ越し先が賃貸物件だった場合には家賃・住宅ローンを組んで別のマイホームを購入した場合にはローン返済をこの家賃収入からまかなうことも可能です。つまり自分の財布からお金を一切出さずに、家賃やローンの支払いができるかもしれません。

家賃がどのくらいになるかですが、これは部屋の状態や立地条件などによって変わってきます。しかしあるサイトがアンケートをとってみたところ、最も多かったのは年間100~150万円の家賃収入でした。だいたいアンケート回答の1/3程度を占めました。家賃収入の年間平均をとるとおおよそ156万円でした。つまり月々13万円程度の家賃収入の発生する計算になります。

この家賃がすべて自分の所得になるわけではないです。修繕積立金や管理費は持ち主が捻出することになりますし、固定資産税も負担しなければなりません。でもある程度の副収入の得られることが分かるでしょう。物件によっては、年間250万円以上の家賃収入を得ている人も見られるほどです。いずれ戻ってくるつもりであれば、マンションを貸すことも検討してみる価値はあるでしょう。